発毛に悩んでいる男性のためのおすすめ発毛剤ランキングサイトです。

発毛はは続けることに意味がある!薄毛に悩む孤高のイラストレーター&発毛マニアの石崎が、買いやすさ、使いやすさ、続けやすさを徹底分析して実際に良かった発毛剤をランキング!

発毛に特別効く食べ物は存在しない

よく発毛の指南サイトなどを見ていると、「発毛に効く食べ物はコレ」「この栄養素を摂れば発毛する」などと特定の食べ物を摂れば発毛を促進できるという意見がみられます。

しかし、実際のところは食べ物そのものが発毛を促進することはないと私は考えます。
その大きな理由は以下の2つです。

1.発毛には全ての栄養が必要
髪の毛が伸びるということは、毛包部の周りに存在する毛母細胞が分裂し続けることにつながります。この分裂を行うためには人間が取り入れる全ての栄養素が必要とされ、なにか特別な栄養素や食べ物をとったところで、発毛自体が促進されることはありません。
例えばワカメや昆布を摂ればいいという説があります。しかしこれはメラニンやミネラルの補給だけに過ぎず、髪の毛を黒くするという点だけでは有益なものの、発毛にはなにも科学的な根拠はありません。

また、人間の体はよくできているもので、例えばビタミンB群、Cといった水溶性のビタミンは過剰な量を摂ると、その分尿などで体外に排出されてしまいます。また、脂溶性のビタミンやミネラル類は取り過ぎても逆に身体に悪影響を及ぼす結果にもなってしまいます。発毛だけに囚われて過剰な栄養素を摂取しても他の部分でマイナス作用が働いてしまうわけです。

同様に、「発毛を阻害する食べ物」というのもありますが、これも同様の理論で考えると直ちに発毛に悪影響を与えるというわけではありません。例えば唐辛子になどに代表される刺激物は発毛に良くないと言われていますが、それだけを毎食大量に食べれば確かに悪影響があるかもしれません。しかし日常生活で食べるレベルであれば1食に含まれる量は微小なので、それほど悪い影響は与えないということです。

2.発毛しない原因が解消されない限りいくら栄養を与えても発毛しない
発毛についてはまだまだ科学的な研究が発達途上の分野ですが、一つはっきりしていることは髪の毛を作る毛母細胞に指示を送る毛乳頭細胞から発毛命令が何らかの理由で送られないということがわかっています。これが男性の約3分の1に発症するという男性型脱毛症の原因です。これは単なる栄養補給だけでは原因除去にはならず、根本からの原因を取り除かない限り、いくら効果的と言われる食べ物を補給しても意味がありません。


この2つの理由を見れば、食べ物だけで発毛できないことがお分かりいただけると思います。
それでは、発毛を成功させるにあたって食生活には何を気をつければいいのでしょうか?

それは、結局のところ「なにかに偏らないバランスの良い食事」を心がけることです。
前述したとおり、髪の毛の成長には全ての栄養素が関係しています。栄養素だけを重視して特定の食べ物に偏るよりも、栄養不足に陥らず、肉、魚、野菜をバランスよく摂ることだけを考えることが、発毛への対策になります。こう見ると発毛だけでなく健康に過ごすためのよく言われるスローガンと同じですよね。 食べ物についてはそれだけを気をつけて、どうしても食事の中で取りにくい栄養素はサプリメントで摂るなどして過ごせば問題はありません。あとは発毛剤などで原因を取り除く施策を行うことが発毛への近道になると思います。

発毛への近道は続けやすさ

発毛を成功させるためには、どんなに良い発毛剤を使っていても続けなければ意味がありません。お客様に続けてもらえるように、各商品さまざまなサービスを提供しています。そこからあなたに合ったものを選ぶのが発毛への近道となるでしょう。

発毛剤の特質を優先に選ぶ

発毛できない原因というのは人それぞれ。毎日の生活習慣や髪質、肌質で使うべき発毛剤も変わってきます。使う上で、一番気になっている事を優先して、それに特化した商品を選ぶのも良いでしょう。

発毛と髪の関係について知ろう

発毛剤について知ろう