発毛に悩んでいる男性のためのおすすめ発毛剤ランキングサイトです。

発毛はは続けることに意味がある!薄毛に悩む孤高のイラストレーター&発毛マニアの石崎が、買いやすさ、使いやすさ、続けやすさを徹底分析して実際に良かった発毛剤をランキング!

発毛の仕組みを自己流に解説

発毛、その一言で言い表せる言葉でも、実際にどうやって行われているかは、ご存知ない方も多いのではないでしょうか?その仕組みを理解することで、どのように対策を施していけばいいかコツが掴めると思います。そこで私石崎がその仕組を自己流にてご紹介したいと思います。

まず髪の毛はその一本の中で大きく2つに区別されます。
頭皮の表面から外に出ている部分を「毛幹部」
頭皮表面から内側に深く潜っている部分は「毛根部」と呼ばれます。

普段「髪の毛」と呼ばれているのが「毛幹部」にあたり、
「毛幹部」は髪自体に治癒能力がないため、一度傷つけてしまうと治ることはありません。つまり毛幹部に向けていくら栄養や物質を与えてもなにも変化がないのですね。ここをよく覚えておいてください。

「毛根部」は髪の毛を成長させる重要な場所。ここから毛幹部が伸びていくわけで、その位置が深いほど元気な髪の毛に成長します。逆に浅いと成長もしにくい上に、細く、弱々しい髪の毛になったり抜けやすくなってしまいます。一般的な発毛剤は「毛根部」に向けてなんらかの刺激を与えるように設計されています。

ところで、抜けた髪の毛を見た時、髪の毛の根本が球状に膨れているのに気付いたことはありませんか?
これは「毛球」と呼ばれ、植物で言うと球根のようなものです。
その中心部に髪の毛をつくるにあたって非常に重要な役割を果たす「毛乳頭」が「毛母細胞」に取り囲まれて詰まっています。

「毛乳頭」は毛細血管を通じて、髪の毛に必要な栄養素や酸素を受け取り、それを「毛母細胞」に与えて細胞分裂を常にコントロールしています。これが発毛の根本となるわけです。

栄養と酸素をもらった「毛母細胞」はケラチン(タンパク質成分)を内部に溜め込んで細胞分裂を繰り返すと細胞が角化していき、それが硬い毛となり毛穴から髪の毛として生えていきます。
「毛母細胞」は24時間分裂を繰り返しているので、健康な人だと、1ヵ月平均1センチほど伸びるそうです。

ちなみに、この毛母細胞はずっと分裂し続けて髪が伸びきるわけではありません。ヘアサイクルのページでも紹介したとおり、退行期~休止期に入ると毛母細胞の分裂は停止しています。

発毛剤の種類によっては毛乳頭を直接刺激して発毛を促すタイプ、もうひとつは毛母細胞の分裂を手助けするタイプがあります。いずれも発毛の仕組みに則って設計された商品になるのですね。

このようにして生えてきた髪の毛「毛幹部」はどのような仕組みになっているのでしょうか。
髪の毛は樹木の年輪のような形で構成されており、中心部を「毛髄」、それを取り囲んでいるのが「毛皮質」、そしてこれらを外部の刺激から守るように覆っているのが、誰もが1度は耳にしたことがある「キューティクル(毛表皮)」です。

「キューティクル」は、魚のウロコのような膜がいくつも折り重なって形成されており、パーマ液やドライヤー熱から 「毛髄」や「毛皮質」を守るだけでなく、髪の毛の中の栄養や水分が過剰に蒸発するのを防ぐ役目も担っています。ただし、先にも書いたとおり、毛幹部は、毛根部の毛母細胞が分裂した結果であり、それ自体発毛を促すことはありません。あくまでも毛根部に向けてなんらかの対策を施さないと発毛には導けないのです。

発毛への近道は続けやすさ

発毛を成功させるためには、どんなに良い発毛剤を使っていても続けなければ意味がありません。お客様に続けてもらえるように、各商品さまざまなサービスを提供しています。そこからあなたに合ったものを選ぶのが発毛への近道となるでしょう。

発毛剤の特質を優先に選ぶ

発毛できない原因というのは人それぞれ。毎日の生活習慣や髪質、肌質で使うべき発毛剤も変わってきます。使う上で、一番気になっている事を優先して、それに特化した商品を選ぶのも良いでしょう。

発毛と髪の関係について知ろう

発毛剤について知ろう