発毛に悩んでいる男性のためのおすすめ発毛剤ランキングサイトです。

発毛はは続けることに意味がある!薄毛に悩む孤高のイラストレーター&発毛マニアの石崎が、買いやすさ、使いやすさ、続けやすさを徹底分析して実際に良かった発毛剤をランキング!

ヘアサイクルについての一考察

髪の毛は時間にそって成長し、また、抜けていきます。
発毛の仕組みと同じくらい時間軸を意識することはとても大事だと私は思います。
もちろん、これを表現する用語が存在します。これについて考察してみたいと思います。

髪の毛には、毛髪が生えてから抜けるまでの一定の周期があり、
「成長期」「退行期」「休止期」という3つのサイクルを経て生まれ変わります。
それをヘアサイクル(毛周期)と言います。

このヘアサイクルには個人差はありますが、髪の毛には寿命があり、
いろいろ調べた結果男性は2〜5年、女性は4〜6年と言われています。

【成長期:2〜5年】
今現在、自分自身の頭皮に生えているほとんどの髪の毛が伸び続けている成長期です。

【退行期:2〜3週間】
毛乳頭細胞が自然に萎縮し、それを覆っていた毛母細胞も分裂を止めてしまい、毛乳頭だけが真皮中に取り残された状態。

【休止期:2〜3ヵ月】
毛母、毛乳の両細胞が完全に活動を止め、毛が抜けやすくなります。そして新たな髪の毛の生成、すなわち発毛がはじまります。

一般的には、【休止期】の後に新たな髪の毛が【成長期】として生え始めますが、
薄毛が気になりだした方の場合は、この【休止期】から【成長期】へのヘアサイクルが行われていない状態です。そうなると全体的に【休止期】の髪の毛が多くなり、頭が薄くなっていくのです。

髪の毛は1日に50〜100本ほど抜け落ちますが、それは【休止期】の毛が抜け落ちているだけなので特に心配する必要はありません。

発毛剤に関して、「1ヵ月程使ったが効果がみられないので使うのを止めてしまった」という意見が見られます。
ただ、私から言わせていただくと、それは発毛剤が効いていないのではなく、髪の毛全体の傾向がまだ【休止期】の状態だからなのです。 この期間を基準に抜け毛が多い、少ないと論じて効果を判断するのは、本当にもったいないと感じます。
発毛剤の効果としてよく言われるのが【休止期】のサイクルから【成長期】のサイクルへの転換を促すということです。
ただ、その転換が行わるのは、成長期のスパンを長さを考えると、1ヶ月くらいのことではなく、最低でも半年、よりじっくり見極めるならば1年くらいは必要であると私は思います。それでもなにも変化がない場合、その発毛剤は効果が無いと見極めても良いと思います。
とにかく【成長期】を迎えるまでは意外と長い道のりです。それまでコツコツと継続することが、発毛における最も大事なポイントです。

発毛への近道は続けやすさ

発毛を成功させるためには、どんなに良い発毛剤を使っていても続けなければ意味がありません。お客様に続けてもらえるように、各商品さまざまなサービスを提供しています。そこからあなたに合ったものを選ぶのが発毛への近道となるでしょう。

発毛剤の特質を優先に選ぶ

発毛できない原因というのは人それぞれ。毎日の生活習慣や髪質、肌質で使うべき発毛剤も変わってきます。使う上で、一番気になっている事を優先して、それに特化した商品を選ぶのも良いでしょう。

発毛と髪の関係について知ろう

発毛剤について知ろう