発毛に悩んでいる男性のためのおすすめ発毛剤ランキングサイトです。

発毛はは続けることに意味がある!薄毛に悩む孤高のイラストレーター&発毛マニアの石崎が、買いやすさ、使いやすさ、続けやすさを徹底分析して実際に良かった発毛剤をランキング!

知っておきたい頭皮のチェックポイントを自己分析する

発毛に悩んでいるそこのあなた、現状に憂いていることはよくわかりますが、
さらに自分の髪が10年後、20年後どうなっているのか、考えたことありますか?

発毛を成功させるには何事も早期発見、早期ケアがとても大事です。
自分はまだ大丈夫と思っていると手遅れになるかもしれません。
私石崎の経験でもそれは実証済みで、なり初めの頃は「一時的なコトだろう」「また生えてくるさ!」なんて甘い考えをしていましたが、半年後明らかに薄くなっている部分が広がっていて、慌てて発毛対策をとりはじめたという経緯があります。

つまり、薄くなってきたと思ったら自分の頭皮、毛髪の状態を常にチェックしておき、小さな変化も察知することが大切だと思います。 例えば、こんな症状をあなたはお持ちではありませんか?
そこで、私自身も経験した、「これは気をつけた方がいい!」というシグナルになるポイントをピックアップし、自己分析してみました。

【昔より抜け毛が多くなってきた】
日本人の成人であれば1日50〜100本程度は抜けるので心配ないそうです。ただそれが日に日に多くなってくると要注意です。とはいえ、抜け毛の本数の正確な数を数えようとしたら日常生活で到底出来ることではありません。なのでおすすめしたいのが「定点観測」です。絶対的な本数より、相対的な本数の変化を読み取りましょう。
その時間帯はずばり「寝起き後の枕の状態」です。一日の3分の1くらいはベッドで過ごしますし、また同じ位置にいるので、本数のカウントがしやすいですね。起きた時に眠い目をこすりつつではありますが、枕についた本数を数えておきましょう。半年〜1年前に比べて抜け毛が多くなってきたと漠然と感じたら発毛対策を始めたそうがよさそうです。

【頭皮が硬く脂っぽい方】
硬いということはすなわち頭皮の血行が良くないことにつながるそうです。血液には栄養を髪1本1本に届ける役割もあるので、血行がよくないと必要な栄養が行き届きにくくなっています。
ただし「どの状態が硬いのか…」と言われればそれは個人差があると思います。なので、こちらも相対的な評価でなんとなくですが事前に頭全体を揉んでみて、3ヶ月後にもう一度揉んでみて硬いかどうか…を判断することになるかと思います。石崎の場合は、硬さということはあまり実感できませんでした。

また、頭皮が脂っぽくなるのは、皮脂の過剰な分泌によるものです。皮脂は元々頭皮には必要なものであり、全部取り去ることはマイナスですが、 それ以上に分泌が多すぎると頭皮の毛穴を塞いでしまうので頭皮が炎症を起こしやすくなり発毛しにくくなると言われています。

【髪の毛にハリやコシがなくなってきた】
ハリやコシと言われてもどのような状態なのか、実際に自分の髪とくらべてもなかなかわからないですよね。
私の過去の経験から申しますと、「髪がどことなく元気がない」という状態を指すのだと思います。
まず思い当たることはパサつきです。ジェルなどでしっかり固めても何かぴっちり揃わないというか…しかも全体としては櫛通りも悪く、しかも寝ているような状態です、、すいません、よくわからない感じですね。
あと、その時にわかったのがその時の抜け毛は、とても細いもので、しかも枝毛が多かったですね。すなわちキューティクルが傷んでいることがハリやコシがなくなったということにつながるのではと思います。
いずれにせよ、髪の毛そのものの状態が悪いと結局薄毛の進行がさらに増大するのでは?と思います。

【額が広くなってきている方へ】
これは石崎も対策をするきっかけになった危なっかしい状況です。
少しずつ脱毛が進み、また自力での発毛ができていないと考えられます。
最初の状態こそわかりませんが、生え際も後退していないでしょうか?
ここまで目に見えた状態になってくると、自然に復活することは考えにくいと思います。まだなにも対策を始めていない方はなにがしかの方法を行う必要があると思います。

当たり前の事だと思われますが、頭皮ケアは早ければ早いほど、症状は軽ければ軽いほど、高い発毛効果が期待できます。早めのケアを心がけいつまでも元気な髪を育てていきましょう!

発毛への近道は続けやすさ

発毛を成功させるためには、どんなに良い発毛剤を使っていても続けなければ意味がありません。お客様に続けてもらえるように、各商品さまざまなサービスを提供しています。そこからあなたに合ったものを選ぶのが発毛への近道となるでしょう。

発毛剤の特質を優先に選ぶ

発毛できない原因というのは人それぞれ。毎日の生活習慣や髪質、肌質で使うべき発毛剤も変わってきます。使う上で、一番気になっている事を優先して、それに特化した商品を選ぶのも良いでしょう。

発毛と髪の関係について知ろう

発毛剤について知ろう