発毛に悩んでいる男性のためのおすすめ発毛剤ランキングサイトです。

発毛はは続けることに意味がある!薄毛に悩む孤高のイラストレーター&発毛マニアの石崎が、買いやすさ、使いやすさ、続けやすさを徹底分析して実際に良かった発毛剤をランキング!

医薬品と医薬部外品

発毛剤には医薬品と医薬部外品の2種類があり、薬事法によって明確に分類されています。

まず、医薬品は大きく2つにわけられ、ひとつは医療機関で医師や薬剤師に処方される「医療用医薬品」です。薬局などで自由に購入することはできず、医師による処方箋により手にすることができます。細かく厳しい規制のもとに使用が認められており、効果は高くても副作用の可能性があるとされています。

もう一つはOTC医薬品といわれる「一般用医薬品」です。薬局や薬店で市販されている薬が医薬品にあたります。こちらはさらに効果の強弱、特定成分によって、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品と区分されています。第一類医薬品は購入前に薬剤師からの説明を受けることが必要です。
どれも共通していることは国によって一定の効果が認められた有効成分が入っており、治療や予防を目的として使われます。

発毛剤については、医療用医薬品は「プロペシア」「プロスカー」の2つ、また第一類医薬品として「リアップ」があります。どちらも症状に適合する場合それなりの効果を得ることができるようですが、その分副作用も人によってはある程度発生してきます。
また、発毛しにくい原因は人それぞれなので、その医薬品のカバー範囲に漏れていると発毛を期待できるわけではありません。使用前にはしっかりと注意書きを読んで下さい。

これに対し、医薬部外品は「医薬品に準ずるもの」という位置付けであり、医薬品よりは効果は薄く、
あくまで予防することが目的となっています。

頭皮に対して副作用の心配もなく、肌にも優しい成分でできているので、
頭皮環境を整え、発毛しやすい状態をつくるには効果的な発毛剤です。医薬部外品の発毛剤は数十種類は発売されていると思います。

医薬品の発毛剤だからといって確実な効果があり、副作用が必ず出るわけではありません。
同様に、医薬部外品だから効果が薄く、副作用が全くないとも限りません。
大事なのはこの2つの違いを比べるのではなく、自分に合ったものを見つけ、継続して使用していくことが何より重要なことなのです。まずは、発毛という目的にそっていろいろな発毛剤を試してみましょう。

発毛への近道は続けやすさ

発毛を成功させるためには、どんなに良い発毛剤を使っていても続けなければ意味がありません。お客様に続けてもらえるように、各商品さまざまなサービスを提供しています。そこからあなたに合ったものを選ぶのが発毛への近道となるでしょう。

発毛剤の特質を優先に選ぶ

発毛できない原因というのは人それぞれ。毎日の生活習慣や髪質、肌質で使うべき発毛剤も変わってきます。使う上で、一番気になっている事を優先して、それに特化した商品を選ぶのも良いでしょう。

発毛と髪の関係について知ろう

発毛剤について知ろう